2008.08.31

遠いところへ

649287_4092303653.jpg

遠いところへ行きたい

見たこともない色彩の空気に触れて
まわりの言葉がわからなくて、わかろうとするのを諦められる
そんな遠い場所へ 

現実はあまりにも強烈に今を照らしだす

一生懸命になりすぎて
美しい言葉を並べすぎて

気がついたら今のこの一瞬を見つめるのすら
勇気が必要になっている


そんな自分を傍らにおいて


原色の夢をみる


遠い国の遠い記憶

どこまでもついてくる自分と
今という現実がそこにもあっても

それが砂のように小さく在ることを
実感するために
それが水のように自由に踊れることを
体感するために


わたしはまた旅に出る



  



***
今日は新月
新月は昔、朔、ついたちとも呼ばれていたようです
まさにはじまりの時ですね

雲旅行記の続きを書きます



今回の出雲の旅の目的は
60年に一度の出雲大社の本殿特別拝観と
スサノオという神さまにふれることだった

出雲大社本殿の特別拝観
60年に一度ということもあり、朝から正装した人が列をつくった

本殿の中は凛としていて、それでいておおらかで
大きな大木の柱が中央にそびえ
母親の胎内のような場所だった

天井に雲の絵が描かれていて
原色の色が宿る生き生きとした雲に
芸術の根元みたいな力を感じた

天井の雲の数が本来の数よりひとつ少なくあえて描かれていて
それはまだ未完であるとは、成長・発展の余地がある
という意味だからだという

生の放つ光を感じる瞬間だった


本殿の参拝を終え
2つ目の目的であるスサノオの神
奥出雲の山の中にある須佐神社に行った

大きな大木が本殿の裏にそびえたち
そこには大きな黒い蝶がずっと飛んでいた

高貴な黒はとても神聖な木にふさわしく
わたしはそこからしばらく空を見上げていた

「何もないことの眩暈」

特別な場所を訪れると岡本太郎が沖縄のウタキにふれて
言った言葉を思い出す

大切なことは見えないと
大切なことを自然はいつも教えてくれる

それから参拝を終えると
大きな大きな雨が降った

滝に打たれるようにその場が一瞬にして轟いた

浄化の雨なんだと思った

それは海の中に浸かったような景色だった


帰り際、バスの運転手さんが、時々あそこだけ
雨が降るんだと教えてくれて
言ったとおり、少し離れて角を曲がると
嘘みたいに雨は上がった

帰りの空には竜の雲
そこはエメラルド色に光っていて
小さな虹がかかっていた


よく「あの場所に呼ばれた」と人は言うが
それは人間の勘違いかもしれない

それでもこうやって奇跡みたいな景色に出会うと

わたしは呼ばれたんだな と
天が祝福してくれたのかもしれないな と思う


短い出雲の旅が終わろうとしている、
山を下るバスの中
満たされていく何かを感じた




***

もうすこしづつ秋が始まっていますね
わたしはこの秋の少し冷たい風や
虫の声がとても好きです


秋の音とともに
新月の唄をうたって