2008.06.04

空っぽにするということ

649287_2916250119.jpeg

知り合いで行者のような、寅さんのようなおじさんがいる

連絡先や詳しいパーソナルの情報は知らない
おじさんは風のように、忘れた頃に目の前に現れる

ある時はインド人を連れてやってきた
そしてある時は歴史書を持って

約束も探り合うこともしない、ほんとに不思議なつきあいだけど
それがとてもシンプルで、スムーズで、そして
また必ず出会うという確信がいつもある

先日おじさんは分厚い本を持ちながら
さりげなく笑いながら言った

「自分をね、時々空っぽにするんだ
そうしたらね、歳をとっても新しいことが入ってきて学べるから」


詰め込みすぎた心や思考は
時に視野を広げるように見えて、
実は自分の可能性を狭めている時がある

空っぽにすることは不安なのかもしれない
せっかく学んだ知識を失ってしまうのはこわいから

それでもまた空っぽにできる勇気
やわらかい、その生き方

それにとても共感できた
 

たいがい思考や心がいっぱいで溢れている時は、
自分のことしか考えていない時が多い

手に入れたいこと
満たされたい心
手放したくない何か

執着や依存、自我(エゴ)は
ただ欲望の渦をひたすらまわっているだけで
気づいたら大切な何かを失っていたなんてことがある


シャーンティデーヴァは言った


「この世にある喜びという喜びは
ほか幸せを願う気持ちからやって来る

この世にある苦しみという苦しみは
己の幸せを願う気持ちからやって来る」


他者を幸せにすることは
自分を幸せにすることだ

すべては自分にかえってくる
目先の欲望に捕らわれて
人はそれをつい忘れてしまいがちだ


おじさんとさよならする時、
「また来世でね」
なんて言い合った

おじさんの後ろ姿を見ていたら、
確かにどこか懐かしい感覚が空気に広がった

どこかで出会った事のある背中に感じて、
急にいとおしくなった

この肉体を捨て、死を迎えた後にも
また会えるような 

そんな気がした






今日は新月
静かな始まりを感じている方も多いと思います

特に今は夏至の前、雨の日々
体調をくずしやすい時期なので
無理をせず、ゆるりと雨のオトを感じて
いつもがんばっている自分を休ませてあげてくださいね

すてきな新月を




おまけ
雨空にpost rockなオトがお気に入りです
toe(日本人アーティスト) ドラム・パーカッションがいい!
http://jp.youtube.com/watch?v=-LtTUEYjBu4&feature=related