2008.03.30

649287_2180770079.jpeg

夢は夢のままの方が楽なのかもしれない

夢は美しい
それに好きな時に空想出来るし、
とっても楽しい気分になれる

でも夢が現実に近づくと、もちろん美しさだけでなく、
同じ分だけ厳しさもみる

その時、夢が夢である方が楽だと感じるかもしれない

夢を自分の足で歩くには、ほんのちょっとの勇気が必要だ

夢に見た、想像していた夢が、現実になろうとしている時、
その現実を前に、急に足がすくみ、前に進むのをやめたくなる

自分にはこんなに大きな事は抱えきれない、とか
本当にそうなりたかったか分からなくなってきた、とか
自分には他に集中したいことがあった、とか
いくらでもそれから免れようとして理由が浮かぶ

思い切って踏み込んで、
飾りも付けずに裸の自分で、
真っ正面を向いた時
ただ 傷つくのが恐いからだ

自分を守るために夢を無かったことにする理由を、人はいくらでも考える


でも


何かを失ったり、犠牲にしなくても
夢を現実にすることができる
ということを知った

気負ったりせず、状況を楽しむこと

それがほんのちょっとの勇気になって、
ちゃんと夢をこの目で見ることが出来るんだ


どんなに哲学書を読みあさって、
アルケミスト(という本)をバイブルにしても、
いざ形になろうとした時に恐くなってしまうのが人間だ

そういう時は、
まずは思い描いている夢を遊ぶこと、楽しむこと
それにかぎる

夢を夢として遊んでいた
その時と同じように


誰でもほんのちょっとの勇気と遊び心で
夢を現実にすることができる

もちろんそれに近づくための努力や信じる気持ち、意志は必要だけど

最後の最後はやっぱり楽しむこと
楽しむ自分を生きること
なのだと思う







先日、朝崎郁恵さんの島唄と
奄美の八月踊りの教室に行ってきました

奄美の唄の歌詞はとても純粋で
踊りは大地を円で囲み、祈りみたいで
とっても身体と心に馴染みました

いつか月と森の中
島唄を歌いたいな

楽しみです***


おまけ
奄美の八月踊りってどんなものか?
の質問がありそーなので
2009皆既日食の前前年パーティの映像です
http://jp.youtube.com/watch?v=pU7ANYVf2h8