2008.02.26

たいせつなこと

649287_2774207143.jpeg

夜明け前の静寂に
一瞬、もう二度と光を見られないのかと錯覚してしまっても
必ずいつも毎日のはじまりとともに光がおとずれる

自ら闇が光を見せるためにあらわれ
真実に出会うための必要な路を
ひいてくれることがある

光の春は涙を乾かし
真実をある本を通してみせてくれた


『The Secret』


あまりにもポジティブな言葉達であふれ
言葉というよりむしろリズムとしての余韻を残す文

宇宙と呼応できる術をいとも簡単に提示していて
下を向いていた魂が上を向くような
抽象的にしか言えないけど
そんな本だ

この本に出会って気づいたことがある

私はどこかで
幸せであること
信じること
ポジティブなこと
を恐れていた ということだ

こころに逃げ道や隙間をつくっておけば、
傷ついた時に少しやさしい傷ですむんじゃないかと
思っていた

でもそれこそが哀しみや絶望を生み
恐れや不安に結局、疲れて傷ついて
ネガティブな波に揺られていた


いまやニュースはネガティブな情報であふれ
それはネガティブな情報へのニーズがあるから
成り立っているわけで、
知らず知らずのうちに社会にネガティブな悪循環が蔓延している

平和運動が悪いとは言わないけれど、
悪に対して怒り、笑わず戦うのは
悪とある意味同じで、悪を余計に広がらせるだけだ


『The Secret』にこんな一説がある

「否定的なことに焦点を合わせることで、
世界を救うことは出来ません。

世界の否定的な出来事に焦点を合わせると
それをもっと悪化させ、同時に自分の人生にも
否定的なものを引き寄せてしまいます。」



愛すること
許すこと
信じること
感謝すること


慈悲のこころは
ダライラマや歴史上のアバターたちだけのものではない


人を愛した時に
自然に愛し、許し、信じ、感謝することが出来るように

がんばって努力を強いてあるものでないように
こころを所有したり疑ったりしなくてもいいように

それは本来自然な事なのかもしれない


何回でも読み直そうと思う
ネガティブな思考に揺れる癖が消えるまで



たいせつなこと


人を愛するように
自分を愛そうと想う