2017.01.08

Hawaii Island∞TRIP




ハワイ島へ数日間の旅をしてきました。


「A ihi e 神聖であれ」

今回の旅は壮大な大地に触れ、まさにそれを体感させるミラクルの連続でした。

古来からハワイの人びとはマナという神聖な力が万物に宿るとし、alohaは愛、慈悲、尊敬などの大切な意味をもちます。それは日本古来からあるアニミズム、森羅万象とし八百万の神々と崇める文化と大きく重なりました。

わたしたち人間はOli(祈り)を通して自然との融合を体感して、自らの魂にも神聖さが宿ることを悟り生きてきたのだと思います。

ハワイ島にいるとこの身体や魂に刻まれた先代の記憶が蘇るような感覚になるのはそのためなのかもしれません。

今回ありがたいことに、あるカフナ(神官)とのご縁を頂きチャント(祈りの唄)に触れることが出来たこと、そして大自然のミラクルのような神秘やたくさんの植物から学ぶことが出来たこと、そして聖地マウナラニで古神道のアワ唄を奉納させて頂けたことはこの旅をとても特別なものにしました。

まるで女神ペレの祝福を受けているかのような溶岩の大地から大地へ続く、大きな大きな虹はいまもわたしの心深くに七色の光を纏い佇んでいます。

旅の最後にわたしはカフナから言葉を頂きました。

「祈り(Oli)に意図を持つこと」

まるでその言葉に出会う為にここへ来たというほどに、深くわたしに染み渡り、唄い手として、人として、また次のステップへの学びの旅を後押しする言葉になりました。

だいすきなBig Island、またくるね∞






この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する