2016.08.20

CUBA☆TRIP∞2016




カリブ海の美しい楽園・キューバの旅から日本へ帰って来ました。まだ夢をみればそこにはキューバの景色が広がっていて体も心も現地にいるような感覚でいますが、やっと時差ボケから解放されて日常が始まりつつあります。

キューバには生を全うする強いエネルギーの源みたいなものを感じました。それはわたし自身、日常に埋没してすっかり忘れかけていたものでした。そしてなんだか日常から離れて始めて旅をした19歳の頃に新しく触れた世界に感じたことを思い出すような感覚でもありました。

人びとの純粋さや素朴さ、生きることをただただ楽しむその姿、古いものが美しく大切にされていること、音楽が街のどこにでもあり唄い踊る人びとの日常、barに漂う美味しいラム酒と上質な葉巻の甘美な香り。。そのすべてに深く強く惹かれました。

そして先進国のように物や情報で溢れていなくて多少不便なことがあっても、それを旅人として楽しめる事がまだ自身の片隅にもあったということ、そしてそれを心から満喫出来たことが何よりうれしかったです。

キューバはアメリカとの国交が正常化され近年変わりつつあると言われています。行くならいまだと。確かにそのことで変わることもあるかもしれません。でもわたしのみたキューバにはそう簡単に変わることがない、出来ない何かがあると感じました。キューバの人びとのキューバに生きているという誇りがそこには強烈にあって、原色に生きる楽しみ方を彼らは誰よりも知っていると感じたからです。

あっという間の9日間の一人旅はたくさんの軌跡をわたしの心に残しました。旅の最終日、夕ぐれにみた美しい虹と夕陽はこの旅が祝福されているようでした。そのあと始まった壮大なpartyも。夢をみているような毎日。きっとこの旅を一生忘れないと思います。



わたしのみた景色の一部。
ぜひカリブ海からの風を感じてください∞


instagramには動画や写真の説明もあります☆


よかったらご覧ください☆♡





すてきな日々を∞










この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する