2011.06.21

梅雨明けした空

IMG_1021_convert_20110621135420.jpg

梅雨が明けた

とりとめもなく雨に揺れていた心に
一筋の太陽が、南のすべてを燃やしてしまう様な太陽が
言葉も説明もなく、降り注いだ

嵐が来て過ぎ去った後に
荒れ崩れた土地にかすかな新芽がみえるような
そんなわずかな希望さえ
最近のわたしには届かないでいた

静寂の中に人間の貪欲をみた
混沌の中に人間の冷酷をみた

それでもわたしはこの目で見たものを
表現や創造に変えて前へと進む
そういう方法しか分からない


芸術は不思議な力をもっている

醜さも
頑さも
哀しみも

それを表現したときには
どうしようもなく美しいものに変わっている


梅雨明けした青の空に
羽ばたかせる

小さなわたしの芸術を


そういう消化の仕方しかわたしには出来ないのだ








***
大きな満月あけ
もうすぐ夏至ですね

久しぶりの更新になってしまいました

最近は新しいこともはじまり
新たな気持ちで前へ進んでいます

最近タマネギの回し切りというむき方を知りました
それはマクロビオティックの方法で
一切れ一切れに陰性も陽性も取り込むという方法

「タマネギの宇宙そのものを素直にいただく」という思想は
少しオーバーな気がしますが、この切り方ひとつで
タマネギがほんとうにおいしくなります

その小さな試みはわたしをとても大きく変えました

料理にも食にも人間にも
備わった力を存分に引き出す事
そんな先人の知恵がわたしのいまをつくっている

そう思うだけで全ての営みに意味や感謝を感じれます

arigato

すてきな日々を











☆☆☆
最近のおすすめ

『180゜SOUTH』
ただのネイチャードキュメンタリーではなくしっかりとした
メッセージ性が伝わってきて、心に残る映画だった。
パタゴニアの先住民の姿とイースター島の女性サーファーなど
すてきな人をみてたら、また旅に出たくなった。

岡本太郎100祭
岡本太郎と沖縄。「何もないことの眩暈(めまい)」という言葉を
ここ沖縄にいると感じることが多い。太郎の視点、言葉には
人間の根本にあるまっすぐなエネルギーを感じ、わたしはいつも救われる。





















Posted at 14:37 | ひとりごと | COM(0) |