2009.03.27

はじまりと芝居と

10130171209_s.jpg

移りゆく
冬の眠りから覚めた
その始まりの空を吸い込む

もうすぐ新しい地での生活が始まる

何かを手放し
何かにまた出会う

その瞬間にある独特の空気感を
ダンボールに詰め込んで

日常では忘れてしまった、
日々のありがたさに触れる

ここでたくさんのぬくもりに出会えたこと
等身大の私を受け入れてくれた、
たくさんの仲間たちに

ありがとうをこめて



***
新月
はじまりのとき、
みなさんいかがお過ごしですか

わたしは4/1から
また那覇に拠点を移すことになりました

那覇の場所は住まいというよりも
アトリエという感覚で

なにやら「創作ごころ」がさわいでいる今日この頃です


そして
4月に芝居をすることになりました!

周作くんという沖縄の実力派の役者さんとの二人芝居です


4/11(sat)@那覇 四月の水

演劇「エデンの園」

10年間意識不明のまま病床にあった妻とその夫の
黄泉の国への旅路
始まりも終わりも無い旅

静かな二人の語らいのうちに、四季が移ろう
枯葉が散り、積もり、
雪が二人を包み、
蝶が舞い、
柔らかな春の光の彼方へ、
二人の慈愛に満ちた旅は続く



また詳細を載せられたらupしますね
お近くの方は遊びにいらしてください




先日高尾の友人に会いに行ってきました
眠りにつくころ、この曲を聴きました
いまお気に入りの一曲です
http://www.youtube.com/watch?v=-i1w92-luVs


はじまりに聴きたくなる一曲
http://www.youtube.com/watch?v=SlmcOhOd2kY



すてきな春を














Posted at 13:03 | LIVE | COM(0) |
2009.03.12

夜を越えて

e.jpg

言葉がうまく紡げない

入り乱れた糸の中から、
一筋ずつ言葉を引き出して縒り上げてゆく

彷徨うわたしを夜が見てる

わたしが触れているのは
触れようとしていたものは
自分自身かもしれない

寂しさと虚しさを混ぜ合わせた部屋で
繰り返しすり切れるまで受け入れ
朽ち果てた夜の終わり

涙すらこぼれなくなって
まるで太陽を忘れてしまったような
深夜の空を窓越しに眺めて

月の光に照らされた自分をみる

しばらくそうしていたら
遠くで自分が「わたしは此処にいる」と
囁いたのが聞こえた 気がした

何かを否定したいのは、管理したいのは、
思い通りにしたいのは、

そんな闇夜を彷徨う自分自身に対しての
不安の反映だったのかもしれない

唄を歌うのも
行き先の路を選ぶのも 自分だ


孤独は何かで拭えない
寂しさは見ないふりをして打ち消すことはできない

何回誰かと甘い言葉を美化して舐めて
何回誰かの吐息を数えて追いかけても
余計に虚しくなり、それはまた虚しさを呼び集める

繰り返せば、愛を自分の深海の奥底に押し込めて
工場排水で青緑になった東京湾に彷徨う魚みたいになって

ここはどこなのか、自分が何なのか分からなくなる

魂や心は
そんなことを求めているのではない筈だ




宙に浮いた心を取り戻した朝、
わたしは自分への帰り支度を始めた





***
今日は満月
深い何か始まりを含んだ光の中、
どんな日々を過ごしていますか

実は最近、芝居を始めてみようと思っています
「演じる」ことでの自己表現の根元を見てみたいという
そんな気持ちが始まりです

昨日台本を読み上げていたら、
すこし不思議な気持ちになりました

そこにいるのは台本の中の主人公と
わたし自身でした

息づかいが聞こえてくるような
そんな台本にそのわたし自身が薄くなっていく瞬間

なんともいえない時間でした



ここでの生活もあとわずか
今月は忙しい月になりそうです

















 
Posted at 00:25 | ひとりごと | COM(0) |