2008.09.29

マントラのギフト

649287_1525223214.jpg

ゲリー・ボーネル著 『アトランティスの叡智』 
という本を読み終わった

文にふれて自分の魂が久しぶりに呼吸をした

アカシックレコード
(アトランティスの時代の人が
クリスタルなどに記憶させた叡智といわれている)

その詳細が鮮明に書かれている不思議な本だ


この本の最後のページを開いたときに
偶然(必然というべきか)が起こった


それは自分の中の何かがざわつく、
奇跡みたいだと感じる瞬間で、

その瞬間に触れたときに湧き出る、
自分だけの興奮にすぎないのだけれど、
誰かに伝えずにはいられない出来事だった


本の最後のページにはまとめとして、
マハムリチュニハーヤのマントラが載せてあった

それはリグ・ヴェーダ(ऋग्वेद)というインド哲学と、
その実践のもとになっているとされている、
何百年にわたり製作された作者不詳の、
古代インドの聖典の一部だ



2年前のことだった

インドネシア・バリ島に行った時
私はマデというヨギーに出会った

満月の近い田んぼの中、
どこか遠くの寺院からきこえるガムランの音と、
祈りのために焚かれたお香の甘い香りが、
ほのかに風にのって触れる

マデはそんな夜になりかけた夕暮れに、
これは大切なマントラだ と言って、
私にひとつのマントラを教えてくれた

唄のような真言のようなそれを、
私は覚えて日本へ持ち帰った

唄う前、何か特別なとき、
私はそのマントラを唱えた


本に書いてあったのはこのマントラだった


意味もルーツも知らないまま唱えていたマントラ
私の中で、確実に大きな意味を持つことになった


人生には特別に繰り返される、ある共通点のようなものがある

それは言葉であったり、出来事であったり、
人との出会いであったりする

サインや前兆とも言えるべき、その特別なしるし

これは必然なのだと思わずにはいられない出来事

偶然だと言って見落とすことは簡単だ
でも私はそのどれもに意味があると思っている

それは今自分がすべきことを知るきっかけになる事も多い

私はその一つ一つを見失わないよう
心を解放させておこうと思う

自分への強く、そしてやわらかい軸をもっていよう と思う


マデは繰り返し言った

自分らしくあること
それは自分を知ること

大切なこと

それは自分を愛すること


マデは今日もこのマントラを唱えているに違いない







Posted at 21:46 | ひとりごと |
2008.09.15

649287_1085795737.jpg


欲望は思考と感情が分離したときに生まれる
私たちはそれを内なる葛藤として体験する

知性的自己、学んだ自己が思考と感情をバラバラにしている限り、
欲望を消し去ることはできない

頭で比較し、理由づけ、期待を持つことが、
思考と感情を分離し、私たちは再び欲望の中に戻る

瞬間の中で思考と感情が一つになれば、
自由になり創造していくためのエネルギーが生まれるのだ

ゲリー・ボーネル



考えていることと、感じていること
それが一つになっていないとき、
確かに人は葛藤する

葛藤は葛藤を呼び、
自分の真意を伝えているつもりでも、
不安や恐れを他者に伝えてしまっている事がある

自分の真意に現実がそぐわないのは、
自分が生み出した葛藤や不安によるものが大きい

見えない何かを信じることは、
それがただ自分から生まれた執着にすぎないのではないか
それは欲望をただ満たしたいだけなのではないか
と 自問を生む

人は何回もの自問と葛藤の中で、
ようやく自分が右へ行っても、左に行っても
自分の中の真実は変わらないことに気づく

寄り道をしても
逃げて誰かに頼っても
もう過去のことだと忘れようとしても
裏切られ、もう二度と会わないと約束しても

こうしてまた自分のたった一つの真実に戻ってくる

不格好で、不器用だけれど
自分のなかでは
何よりも自分を輝かせる光

いくつもの言葉も、葛藤をも超えた
大切な光

それはただそこに「存在」していた

そこには思考と感情が一つになった
その先のユニティがあった

ゲリー・ボーネルの言葉をかりるなら、
「無条件の愛」ではなく「無限の愛」だ
「doing(行動)」ではなく「being(存在)」だ

「どうあるべきだ」という他者の見方に内存した何かではなく
自分の中で根をはり、緑の青々とした葉が天へとのびている

何か


私はそれをたずさえ、静かに今日も
自分の真実に眠る

たった一つの光を信じて










***
今日は満月
秋の月は澄んでいてきれいですね

最近鎌倉のすてきなお寺で
タブラやダンス、インドの笛とともに
セッションしています

夕方お坊さんの神様にあげるお経と
トランスな木魚のリズムに
かっこいいー!とひそかに絶賛しています

そこに住む猫ともすこし仲良くなりました
無限にいる蚊はまだ好きにはなれませんが・・・


いつかお寺のステージで唄を歌いたいです



すてきな日々を











Posted at 15:00 | ひとりごと |